たびブログ

旅行と日々のこと

【山形ひとり旅】白布温泉から天元台高原へ ロープウェイで紅葉観賞

 

白布温泉に宿泊した際に、天元台高原へ行ってきました。白布温泉から近く、周辺観光するならぜひ訪れたいスポットです。

 

目次

 

天元台高原とは

山形県米沢市にある標高1,300mに位置する高原です。日本百名山のひとつ吾妻山の最短登山口でもあり、ロープウェイと3つのリフトを乗り継いで気軽に山頂へたどり着けます。
湿原を散策するトレッキングコースが人気で、夏は避暑地冬はパウダースノーのスキー場として楽しむことができます。

 

天元台ロープウェイ・リフトについて

ロープウェイ

山麓・湯元駅より標高差430mの高さを6分で運行しています。ロープウェイから美しい山並みを眺めることができます。

・運行期間:6月11日(土)~10月30日(日)
・営業時間:8:20~17:00
・料金:往復 大人1,700円、小学生1,200円
    片道 大人900円、小学生650円

夏山リフト

山頂駅標高1,820mまで3基乗り継いで標高差510mを運行しています。高山植物を眺めながら空中散歩を楽しめる日本一長い夏山リフトです。

・運行期間:6月11日(土)~10月23日(日)
・営業時間:8:30~15:40(山頂駅最終15:40)
・料金:1基   大人450円、小学生350円
    3基往復 大人2,600円、小学生2,000円

 

※土・日・祝日は、始業時間を上記より20分早めて営業しています。
※運休日があります。HPでご確認ください。
※天候等により運行期間・営業時間・営業内容が変わる場合があります。
※詳細はhttps://www.green.tengendai.jp/ropeway-liftでご確認ください。

 

ロープウェイ乗り場へのアクセス

米沢八幡原ICまたは米沢北ICから車で約30分。駐車場無料。

JR米沢駅より山交バスで「湯元駅前」バス停まで約40分

白布温泉から山交バスで「湯元駅前」バス停まで約3分

 

山交バスは1~2時間に1本程度です。

 

コインロッカー

ロープウェイ乗り場の湯元駅にコインロッカーがありました。ロープウェイ乗り場の建物中ではなくて、外の階段を上った2階にありました。バス利用で訪れたのですが、バスの本数が少なかったので荷物を持っていって預けられたので助かりました。

 

レストラン白樺

ロープウェイを降りてすぐ近くの建物がレストラン白樺です。
私が行ったときは、ロープウェイに乗ったらこちらの1階でお土産をもらえました。
いくつかある中から選べたので日本酒とつや姫をいただきました。

www.green.tengendai.jp

 

ロープウェイからの景色

ロープウェイから湯元駅を見たところ

ロープウェイから眺める紅葉

 

しらかばリフト周辺の景色

反対側のリフト

リフトから眺める紅葉

リフトを降りた展望台から

遠くの山まで見渡せます

 

周辺の観光スポット(日帰り入浴)

白布温泉と天元台ロープウェイ乗り場の間に「白布森の舘(米沢市森林体験交流センター)」があります。
日帰り入浴ができ、卓球・バトミントン・バスケットなどでも遊べるようです。軽食や喫茶もご利用できます。

www.city.yonezawa.yamagata.jp

まとめ

ロープウェイと3つあるリフトのうち1つだけ乗ってきました。
乗り継いで頂上まで行けるようですが、私が訪れたときはすでに頂上は紅葉が終わっており、リフト1つ行ったところが一番見頃ということでした。
お天気も悪く帰りは雨が降ってきたので、山頂まで行かずにすんでちょうどよかったです。
リフト券はリフト乗り場でも買えます。紅葉の状況や展望台の場所もリフト乗り場で丁寧に教えてもらえました。そのときの状況によってどこまで行くか決めるのがいいと思います。ロープウェイだけでも十分楽しめます。
お手軽散策コースがあるので、夏は散策もよさそうです。

 

白布温泉のおすすめ旅館の記事はこちら。
白布温泉に宿泊したら合わせて天元台も訪れてみてください。

tabino-blog.hatenablog.com

 

山形旅行を計画するなら、全国旅行支援が利用できるるるぶトラベルがお得です!